名探偵コナンX人目の名探偵(プレイヤー)とは?!

no comments

ここ最近、Yahoo!Japanのモバゲーで“名探偵コナンX人目の名探偵(プレイヤー)”というゲームが公開されました!
どんなゲームなのか気になり、実際にプレイしてみたところ、内容は主にアイテム探しゲームのようです。ストーリー中で発生する事件の内容を読んだ後ゲームが発生、そこで事件の証拠となるアイテムをいくつか見つけ出して、そのアイテムを用いて犯人を暴くという誰もがなじみやすい内容のものです。
しばらくゲームを進めていくと、どうやらストーリーではなく“訓練”という内容のゲームも出てくるようで、そこではアイテム探しオンリーの仕様となっています。時には意外な犯人も出てきたりして、とってもユーモアあふれるゲームです。
このゲームの良いところといえば、ゲームを進めていくと共にアイテム探しの難易度が上がっていくことです。暗闇の中でのアイテム探しは、見渡せる視野が狭まるため注意力が鍛えられてとても良いと思います。また、探すアイテムの言葉の順序があべこべになったり、時には画像が逆さになった状態でアイテムを探さなければならない状態にもなるため、単なるゲームではなく、楽しみながら脳を鍛えることができるゲームの一つだと言えます。
皆さんも機会があれば是非試してみてください!

そして話は変わりますが、DMMのこのゲームも単なるゲームの域を超えています!それはやってからのお楽しみ・・・。

GIGA特撮ヒロイン凌辱大戦

かつてない壮大なゲーム「グランブルーファンタジー」

no comments

スマホゲームは何が面白いのか。なにで遊べばいいのか。
宅ゲーは好きだけど課金を沢山するゲームは嫌!
そんな人にお勧めなのが
Cygames社の「グランブルーファンタジー/GRANBLUE FANTASY」

・壮大なストーリー
主人公が旅をしていたところ現れた一人の少女その少女は特殊な力を持っていて~
というありきたりな冒頭から始まりますが個性が強い仲間たち
そして怒涛のストーリーに思わず「おっ!」となる展開が待っています。
・音楽

ゲーム音楽界の二大巨匠と称せられる植松伸夫さんが担当していますが
これがすごい、スマホではもったいないぐらいの重厚な音楽です。
・豪華声優

釘宮理恵、東山奈央、沢城みゆき、平田広明 などの豪華声優陣がしゃべります。
これまではSEがあるゲームが多かったですが
本編全てボイス入りなのもこのゲームの魅力です。

総評価としては「これが本当のゲームだ!」ぐらいの意気込みを感じ
かつ、「このゲームは一度やらなくては損!」と言えるぐらいのゲームです。
ぜひ一度お試しあれ。

いろいろ追加されていくピグライフ~牧場の次はプラザ

no comments

しばらくログインしていなかったAmebaのピグライフへ久しぶりにログインしました。
ピグライフは、ピグという自分の分身が花や野菜や果樹を育てて、料理を作ったりするゲームで、Amebaブログの利用者の多数が利用していると思われる箱庭的なゲームです。
昨年9月に新しく牧場の機能が追加され、それに伴い、飼っている動物でチームを組み、特別なエサを与えて育成して庭に起きるハプニングを解決するという新しいタイプのクエストも出されるようになっていました。
そして、今年6月からは新たにプラザという機能が追加されていたようです。
久しぶりにログインするとピグ友さんから自分の作ったプラザへ入会するように招待が届いていました。
それで、そのプラザに入会しましたが、プラザは、ピグ友である、無し、に関係のない新たな絆を結べるようです。
今はまだ簡単なクエストが出ているだけですが、同じ入会するなら活発に活動しているリーダーさんのプラザに入会するのがよいようです。
今後プラザ単位でどんな新たなクエストが出て来るのか楽しみです。

ポケモン

no comments

現在、彼女と一緒にポケモンに没頭している24歳です。ちょうど僕が園児の頃、ポケモンが流行し始めました。いわば、最初のころからポケモンをやり続けている者です。当時は、きっと大人になるとポケモンはやってないんだろうなと考えていました。しかし、いざ大人になってもやはりポケモンは楽しいですね。特に彼女と一緒にしているので、会話も弾むし、最高のゲームです。今、最高のゲームと言いましたが、少しだけ付け加えます。僕にとっての最高のゲームは二つ、「ポケモン」と「モンハン」です。どちらもともに長い歴史のあるゲームです。
本当は「モンハン」も彼女とやりたいのですが、彼女は「ポケモン」の方がいいそうです。話は変わりますが、この間、ポケモンの映画を観に行きました。まさか、大人になってからポケモンの映画に行くなんて。劇場でもらえるポケモン、ディアンシーを目当てに行きました。こういったイベント等が大好きなんです。もちろん、ポケモンが好きだからですが。こんな仕事が休みの日はゲーム三昧のような日々を送っている僕ですが、本当に大人になれているのか、たまに不安に駆られることがあります。

深海の覇者になる気分

no comments

最近、iphoneアプリの、「Hungry Shark NEO」というゲームにのめりこんでいます。

これは、ざっくり説明すると、とある海にサメとして乗り込んでいき、沢山の魚やカニ(時には人間も!)を食べ続けて成長し、
食物連鎖の頂点に立ってやろう、というゲームです。

はじめは小魚くらいしか食べられませんが、成長し、身体が大きくなるにつれて、いろんなものを食べられるようになります。
そうして身体が強くなることで、より深い海へと潜れるようになりますし、ダンジョンのような構造の地形もたくさん。宝物だって沈んでいます。

さらに、未だ条件などは不明ですが、潜水艦やサメ使いの人間、はたまた超巨大なサメに襲われたり。イベントも盛りだくさんです。

絵柄はリアル寄りなので、若干グロテスクに感じる場面もあると思いますが、基本的にはシュールなブラックジョークとして受け止めていけます。

ただ、深海が怖い!!まだ底の底まで到達できるほどの身体でないので、水圧によるプレッシャーに阻まれて、中層ほどまでしか進めていないと思います。
ですが、だんだん光が届かなくなり、閉そく感を感じ…自分よりもっと大きくて強い生き物にいつ襲われるかもわからない状況。
楽して生きられる、海面あたりにすぐに戻りたくなります。

そんなジレンマを乗り越えながら、じわじわと行動範囲を広げて、食物連鎖の頂点を目指します。

私も、いつかはこの果てしない深海の覇者となれるよう、コツコツ地道に食べ続けようと思います。

名作といえば

no comments

ファイナルファンタジー、通称FFシリーズは人気のゲームです。
新作が発売されたら、必ずプレイするという人も多いのではないでしょうか。
私もFFシリーズのファンなので、気持ちがわかります。

FFシリーズの中でも、私はⅩが名作だと思います。
ゲームシステム的には、受け入れられない人もいたようですが、ストーリーは最高傑作だと言えると思います。
召喚獣はFFシリーズではお馴染みの存在ですが、これまでにない立ち位置で召喚獣を描いています。
切ない物語ではあるので、もっと愉快なゲームがしたいという人もいるかもしれませんが、切ないからこそ印象に残るのだと思います。
プレイしながら、泣きそうになった思い出があります。
もう10年近くも前のゲームですが、未だにプレイしたくなるゲームです。

RPGゲームと言えばやり込み要素ですが、当然やり込み要素もあり、周回プレイも楽しめる作品になっています。
ブリッツボールにハマり物語の進行が遅くなる、なんてこともありました。
物語本編だけでなく、ミニゲーム的なものも面白いのが魅力です。